2008年08月02日

格安航空・エアアジアX−日本の運賃、片道1万円から 

日本路線開設を表明しているマレーシアの格安航空会社、エア・アジアX(クアラルンプール)のアズラン・オスマンラニ最高経営責任者(CEO)は19日、日本経済新聞記者と会い、「片道約1万円からの運賃設定にする」との考えを示した。2010年3月開港予定の茨城空港(小美玉市)や福岡空港、新千歳空港などを候補に、5年以内で2―3路線を就航させる意向も示した。

 日本―マレーシア便は既存の航空会社を利用する場合、最も安いプランでも往復で5万円以上かかるケースが多い。オスマンラニCEOは「日本にはアニメやファッション、マレーシアにはスキューバダイビングなどのできる環境があり、両国の若者からのニーズは高い」と説明。片道料金を最安値で税込み1万円、混雑期でも3万5000円程度に抑える方針を語った。

(日本経済新聞 - 2008年7月20日)

posted by 茨城空港調査隊 at 09:46| Comment(0) | 茨城空港 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。